3日目の、重曹膣注入は止めてみる

不正出血がやや多くなったので、3日目の注入は止めたわ

 

本(イタリア人医師が発見したガンの新しい治療法)を再度読んでみる

ガンもどきも、ガンと診断されることがあるらしい

 

実はこのガンもどきが、乳ガン、子宮ガンにはかなり多いと指摘する医師が沢山いる。

(本 P225から引用)

 

ガンもどきには重曹も効果はない。 (本 P226から引用)

 

とにかくは、あれこれ理屈を言う前に重曹療法を試していただきたい。すぐに効果が出にくい臓器もあるけれども、序章でも申した通り、経口(飲む)、浣腸、膣注で、直接ガン巣に届け易い消化器のガンや子宮ガンなどは、奇跡を見るような体験をする人が大勢いるだろう。 (本 P228から引用)

 

それと、シモンチーニ先生の病院は今も健在である。(本は2019年11月1日 初版)

しばらく試してみて、効果があまり見られない場合や、本文中にあるような難しい処置が必要な場合は、イタリアに行って指導を仰げばよい。 (本 P229から引用)

えっ?

 

う~~~ん、続けるか、やめたほうがいいか・・・

 

 

🌼 夕食

輪切りして蒸しただけの、長芋と人参

 

 

🌼 昼食

 

 

 

🌼 朝食

豆腐の野菜だくあんかけ

 

😽 体のシマ模様は、「そのうち消えます」と言われたが、もう7か月

消えるとは思えない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。