がんが自然に治る生き方

この本は、他のガン関係の本や講演会などでも、よく話題に出る

奇跡的にガンが治った人達のことが、書かれているので、希望を持って読み進んでいた

ら、巻末に

 

おわりにー

本書に登場するがん生還者の軌跡は、非常に稀な、通常は起こりえない「逸脱した事例」と位置づけられるものです。  

                (本から引用)

 

非常に稀な事例なのか⤵⤵⤵とガッカリしたが、それが私にけっして起こり得ないわけではないわよね⤴⤴⤴

 

 

 

 

上の本もこの2冊も、約1年前によんだ本

左の「がんになって、止めたこと、やったこと」には、上のケリー・ターナーのことも書かれている

これには付箋まで付けて読んだ

 

右の「医者に頼らなくてもがんは消える」は、かいつまんで読んだだけで、全ページは読み進めなかった

 

 

😽 う~~~んと、足伸び~~~る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。