整形外科でさえ、スピ系に?

4月の半ばから腰痛が始まり、段々とギックリ腰のように痛みが激しくなり、真っ直ぐに立てなくなったので、整形外科へ行った。

そこは以前に通っていた所で、評判も良くいつも患者さんで溢れていたので、ドクターはいつもひどくお疲れだった。

しかし今回はたぶんコロナの影響で、患者さんは少なめだった。

レントゲンを2枚撮ったら、椎間板はもうすっかり潰れているし、腰椎すべり症だとも言われた。 たしかに身長は1cm縮んでいる。

前屈などした後に、ベッドに仰向けに寝て、足を上げたりした。

そして「目を閉じて下さい」と指示される。

ドクターは私の足元あたりにいるっぽい。

足に触れるわけでもなく・・・・何をしてくれてるのかまったくわからない。

10分ほどして、興味があったのでちょっと目を開けたら、即 

D 「目を閉じていてください」

了解です。

それから

D 「夫婦仲は良いですか?」

私 「良いような、悪いような・・」

D 「(それは)普通ですね」

忘れたけど、他にも色々聞かれた後に

D 「妹さんとは仲が悪いですか?」

私 「はい・・」 (なんでわかるの?)

そうするうちに

看護師さん 「先生、25分です」

ドクターは、私の先天的に悪いらしい(自覚症状なし)右足の、膝から下を数回擦って

D 「胸を30回撫でおろして下さい」

私が指示通りにすると、ドクターは何かをチェックして(足元にいるので、何してるかわからない)

D 「まだですね、あと15回」

指示通りにすると、何かをチェックして

D 「う~ん、あと5回」

指示通りにすると、何かをチェックして

D 「あ、いいですね」

診療費はいくらかかるのだろうと、ドキドキしてたら、二千円ちょっとだったからホッとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。